• HOME
  • 名刺のサイズや紙質の特徴

印刷サービスについて

名刺のサイズや紙質の特徴

現在では、お仕事で使うための名刺だけではなく、プライベートで使うための名刺を自分で作成したいと考える人も少なくはないと思います。そして、名刺を作成するには、まず名刺のサイズと紙質を考えなければなりません。

名刺のサイズ

名刺のサイズとしては、

4号(55mm×91mm)
2号(45mm×82mm)
3号(49mm×85mm)
5号(61mm×100mm)
6号(70mm×116mm)
7号(76mm×121mm)
欧米(51mm×89mm)
小型1号(25mm×45mm)
小型2号(30mm×56mm)
小型3号(36mm×65mm)
小型4号(39mm×70mm)

があります。こうして見ただけでも、実に様々なサイズがあるのが分かりますが、日本で使われている多くの名刺は4号(55mm×91mm)のサイズです。しかし、最近では欧米(51mm×89mm)のサイズを使った名刺も増えてきました。

名刺の紙質

名刺の紙質としては、ホワイト普通紙、アイボリー紙、ケント紙、スーパーホワイト特圧紙、コート紙、光沢紙など、他にも様々なモノがあります。こうして見ただけでも、実に様々な紙質があるのが分かりますが、日本で使われている多くの名刺はホワイト普通紙という紙質です。

それは、やはり名刺とはお仕事で使う場合が多いため、そういった場合には誰に対しても無難に受け入れてもらいやすいモノを選ばなければなりません。そのため、こうしたシンプルな紙質の名刺を作る人が多い訳です。