• HOME
  • 印刷基礎知識

印刷サービスについて

印刷基礎知識

印刷物を印刷する際に、大まかに分けると4つの方式があります。そして、それは凸版式印刷法、平版式印刷法、凹版式印刷法、孔版式印刷法の4つです。

凸版式印刷法

凸版式印刷法というのは、ハンコのインクが付く部分は凸型になっていますが、それと同じでイングが付く部分は凸型になっています。この印刷方式で印刷した場合には、はっきりと鮮明に印刷物には文字や絵柄が写ります。
しかし、印刷部の裏側の部分にも、インクが付いてしまう事も少なくないです。

平版式印刷法

平版式印刷法というのは、文字や絵柄がある部分と文字や絵柄がない部分が同じ位置にあり、油と水が反発する力を利用して文字や絵柄がある部分にインクを付けます。この印刷方式で印刷した場合には、印刷物には文字や絵柄が柔らかい感じで写ります。
また、多くの印刷物を印刷するのには適していませんが、印刷するのに掛かる費用は安く抑える事が出来ます。

凹版式印刷法

凹版式印刷法というのは、凹型の部分にインクを付けて印刷します。この印刷方式で印刷した場合には、凸版式印刷法と平版印刷法で印刷物を印刷する時に比べて、より多くのインクを付ける事が出来るので文字や絵柄などもより鮮明に写し出す事が可能です。しかし、印刷する際の費用は、それだけ高額になってしまいます。

孔版式印刷法

インクを落とす部分と落とさない部分をベントして作って、そこへインクを擦って落ちていったインクが文字や絵柄となります。